阿明火雞肉飯

<スポンサーリンク>

今回は城隍廟からも近い「阿明火雞肉飯」さんを訪ねます。嘉義を訪れた際には、必ず2軒以上は鶏肉飯を食べ歩くのが、私の楽しみ。ただ1軒で魚丸湯や野菜炒めを追加してしまったので、満腹指数がやや上がっており、続けては無理。(恐らく数年前だったら、へっちゃらだったですけどね。年々食が細くなっているのを実感。こんな事でも“年相応”が身にしみます。

阿明火雞肉飯の行き方

そこで近くにある城隍廟へお参り。お線香の煙で心を癒されつつ、境内をぐるりと巡ります。また、周りにあるお供えものやお花・装飾品を販売するお店を見て回るのも面白いです。そのものの本来の目的ではなく、小物として部屋に飾るのもいいかなぁ~と思う品々に出会えたりします。中には、お土産にピッタリな物もあるので、廟を訪ねた際は、是非覗くことをオススメします。

阿明火雞肉飯
 
さて、そろそろお腹にスペースができていいかなぁ~と思いはじめたところで、食べ歩きを再開。阿明火雞肉飯さんは、まず城隍廟から呉鳳北路を南へ。延平路に入って少し歩くと、右手に看板が見えてきます。

阿明火雞肉飯の店内

店先には既に入店を待つ人の列ができ、軒先の厨房横では、外帯(テイクアウト)する人たちが、ひっきりなしにやって来ます。凄い人気だ!正直、地図で場所を確認した際は、期待していなかったのですが、これは、いいお店に出会えたのかも知れません。

しばらく待っていると、後から来たおじさんが、軒先厨房の前に置かれた長椅子に座ってオーダー。素早く食べはじめました。私もここがいいなぁ~とジェッシャーで伝えると、隣にスペースを作ってくれました。謝謝。

阿明火雞肉飯のメニュー

ご飯ものは、看板メニューの火雞肉絲飯(30台湾ドル)、火雞肉片飯(60台湾ドル)の他に豬肉咖哩飯(40台湾ドル)、火雞肉絲咖哩飯(50台湾ドル)火雞肉片咖哩飯(50台湾ドル)。

スープ類は、紫菜湯・味噌湯(各15台湾ドル)、鳳爪湯・三色丸湯・下水湯(各30台湾ドル)、鯛魚片湯(50台湾ドル)などといったラインナップ。他に小菜類も多数あります。

 

阿明火雞肉飯の火雞肉絲飯と味噌湯

今回は火雞肉絲飯と味噌湯をオーダー。店のひとが、年季の入ったまな板で鶏肉を心地よい音とともにカット。よそったご飯の上にのせて、継ぎ足してこられたっぽい秘伝のタレをさっとひとかけ。それらの様子を、熱気を感じながら見ていました。このステンレスの厨房自体も、ちょっと暑かった。

阿明火雞肉飯
 
調理されているのを目の前で見たので、美味しさ倍増!雑魚が丸々何匹も入った味噌湯もまたしかり。あっという間に完食しました。もうお腹に空きスペースはありませんよ(笑)

阿明火雞肉飯

阿明火雞肉飯の基本情報

住所:嘉義市東區延平街151號
電話番号:05-224-9166
営業時間 10:00-14:00 17:00-20:30

Follow me!

前の記事

阿宏師火雞肉飯

次の記事

博愛火雞哥