東武鬼怒川線(下今市駅〜新藤原駅)16.2km乗車記 AIZUマウントエクスプレス号初乗り

日帰り特集 びゅう

東武日光駅から鬼怒川線の新藤原駅を経由して、野岩鉄道・会津鉄道・JR只見線を経由して会津若松駅を結ぶ、快速AIZUマウントエクスプレス号。
新藤原駅では撮影
今回ちょうど初乗り区間を乗車するのに利用することがわかり、気分上場でやってきました。
列車は2両編成。その内1両は、特急列車を思わせる豪華な内装。一般型車両共々、どちらも自由席なので、好きな方を選ぶことができます。もちろん今回前者に。こちらは少し座席がかさ上げされており、大きな窓と合わせて、車窓を楽しむにはうってつけです。下今市駅で進行方向が逆向きになり、ここからは東武鬼怒川線へ乗り入れてゆきました。大谷川の橋梁を渡ると、次は大谷向駅。なんと読むかわかりますか?「だいやむこう」だそうで、通路挟んで隣りに座られた鉄道ファンとおぼしきグループのお客様の話す内容から判明。
大桑駅、新高徳駅と停車すると、やがて車窓に鬼怒川が寄り添うようになります。次の小佐越駅は、東武ワールドスクエアの最寄で駅から徒歩で10分弱。鬼怒川温泉駅で大勢のお客様が乗車され、デッキにお立ちになる方も。温泉旅館街を車窓に見ながら、列車は鬼怒川公園駅に到着。会津西街道が合流する国道121号線と平行しながら走り、列車は今回の目的地・東武鬼怒川線の終点・新藤原駅に到着しました。
会津地方へ向かって出発する列車を手を振って見送ると、ホームには静寂の時間が流れました。浅草方面の上り列車がやってくるまで、しばしホームでくつろぎました。
やってきた列車は、途中の新栃木駅行きでした。

Follow me!