盛岡 岩手銀行赤レンガ館 辰野金吾と葛西萬司が設計 InstagramにUPしたいモダンな建物

JR東日本ダイナミックレールパック

白龍さんで「じゃじゃ麺」をいただいた後、盛岡城址公園のそばを通ってやって来た、岩手銀行赤レンガ館。明治44年に旧盛岡銀行本店庁舎として落成し、昭和11年に現在の岩手銀行(当時の岩手殖産銀行)に引き継がれた後、平成24年まで現役の銀行として活躍。平成28年から公開されるようになりました。観光パンフレットで見た時から、一度来てみたいなと思っていた場所です。

早速カメラを取り出して撮影しようとすると、若い女性ふた組が交互にスマートフォンで撮りあいっこの最中。しばらく待って、館内へ入られたところで私もシャッターを切りました。

何処となく東京駅に似ているな…と思ったのですが、それもそのはず。設計者は、東京駅にも携わった辰野金吾と弟子の葛西萬司だったのです。

八角形の塔の下にあるエントランスから中へ。高い天井、開放的な吹き抜け。当時としては斬新なデザインなのでは。右手に続く窓口。仕切りの向こう側でお金を数えている人々の姿が目に浮かびます。奥には重役室、支配人室、金庫室と続き、反対には、辰野金吾と葛西萬司について紹介するコーナーも。

2階には、応接室・支店長室を使って岩手県の金融史を学べるゾーン、バーチャルシアターがあります。そこかしこに施された装飾は、なかなか見ごたえがありました。

建物をぐるり一回りして、ライブラリー・ラウンジで小休止。この建物が歩んできた、100年以上の歴史に思いを馳せました。

岩手銀行赤レンガ館
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目2番20号
開館時間 10:00-17:00 ※入館は16:30まで
休館日 火曜日 及び年末年始 12月29日から1月3日

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Follow me!