東武博物館 鉄道の魅力に触れるミュージアム・グッズ必見!

日帰り特集 びゅう

ゴールデンウイーク後半の初日、東武浅草駅は多くのお客様で賑わっていました。鬼怒川温泉や日光へ行く長距離列車を利用される方だけでなく、東京スカイツリーへ向かうかな?と思われるご家族連れの方など…。
東武スカイツリーライン各駅停車の電車に乗車して3駅・東向島駅で下車します。改札口を出たら、高架沿いに歩いて1分で到着したのが「東武博物館」↓

 

photo:01
中に入り、右手の券売機でチケットを購入して(200円)出迎えてくれるのが、
SL B1形5号
photo:02
デハ1形5号
photo:03
いずれも東武鉄道最初の蒸気機関車・電車です。向かいの区画では、都市の発展に伴って路線網が広がってゆく様子が、地図や展示物などを通して知ることができました。また、隣りでは、東武鉄道の歴代車両の移り変わりを解説。今回初めて乗車した東武鉄道の魅力を感じることができます。運転シミュレーターのゾーンは、多くのお子様が順番待ちされていたので、模様眺めをして退散。
この博物館の大きな特長が「ウォッチングプロムナード」東向島駅のホーム下にあたり、走行する電車やロングレールの伸縮継目を目の前で見ることができます↓
photo:04
屋外には、昔、電車図鑑で見たことがある車両「けごん号」が展示されていて、懐かしなぁ↓
photo:05
帰りにはミュージアムショップに立ち寄って、鉄道好きの甥っ子にお土産を購入↓
photo:06
東京スカイツリー駅のお隣りにありますので、お越しの際は是非足を伸ばしてみてくださいね。
【旅のメモ】
東武博物館
住所:東京都墨田区東向島4-28-16
電話番号:03-3614-8811
東武スカイツリーライン東向島駅下車すぐ
入場料:大人 200円 こども(4歳から中学生まで)100円

Follow me!