北越急行ほくほく線 犀潟駅から六日町駅 乗車記 米どころをトンネルと高架橋駆け抜ける

Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー

今回は、信越本線犀潟駅と上越線六日町駅間59.5kmを結ぶ、北越急行ほくほく線に乗車しました。稲刈りの時期を迎えた沿線の景色を車窓から楽しみ、沿線の中核駅・十日町で途中下車しました。信越本線直江津駅行き普通列車が犀潟駅に到着。向かい側ホームに停車中だった、六日町駅行き普通列車にスムーズに乗り換えることができました。

北越急行ほくほく線

北越急行犀潟駅から十日町駅の車窓

犀潟駅を出発した列車は、高架線を駆け上って進行方向右手へ大きくカーブ。信越本線と北陸自動車道を跨いで先へ進みます。相対ホームのくびき駅では、直江津駅行き普通列車と行き違い。最初の中島トンネルを通過して、片側ホームの大池いこいの森駅を出発すると、第二飯室トンネル、続いて第一飯室トンネルと長いトンネルに入りました。耳にツンとした刺激を感じます。次のうらかわ駅も片側ホームのみ。周辺には町並みがあり、ガソリンスタンドやお店が見えました。有島トンネルを通過して相対ホームの虫川大杉駅、霧ヶ丘トンネル、深沢トンネルを通過して片側ホームのみのほくほく大島駅を出ると、鍋立山トンネルをくぐり、まつだいに到着。この日は連休最終日とあって、帰省をされている方が多く、ホームでお見送りされているご家族に手を振る光景を各駅で目にしました。信濃川を鉄橋で渡って十日町トンネルを通り抜けると、JR飯山線の乗換駅・十日町に到着します。

十日町駅

リゾート列車も発着する十日町駅

改札口を出てJR飯山線のホームに降り立つと、越乃 Shu*Kura号とおいこっと号が停車。

おいこっと号

サッと撮影を終えたあとは、駅構内にある十日町市総合観光案内所「Tocco」で、売店でビールのお供に最適!魚沼産青豆使用したおつまめ(200円)と十日町産大豆焼きかりんとう生姜(200円)を購入しました。

十日町市総合観光案内所

北越急行十日町駅から六日町駅の車窓

十日町を出発した列車は、トンネルに入る手前で片側ホームのしんざ駅を通過。次の美佐島駅は赤倉トンネル内にホームが設けられた無人駅です。明るいエリアをサッと通過した際に場所を辛うじて確認することができました。魚沼丘陵駅を通過した列車は、上越線との接続駅・六日町駅へ向かいました。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Follow me!