浅草和彩 一休百福 甘党派必見の宇治金時かき氷! 落ち着いた雰囲気漂うカフェ

日帰り特集 びゅう

今日の東京は、梅雨の中休みといった空模様。夕方から雨が降るとの天気予報だったので、午前中に洗濯を済ませて外出しました。向かった先は浅草。東京メトロの駅から地上にあがると、雷門通りは大勢の人が行き交っていました。すしや通りからつくばエクスプレスの浅草駅へ向かう路地へ入ったところで、そのお店を見つけました。一旦通り過ぎて、目指したかき氷屋さんが1時間半待ち…と確認して戻ってきたのが↓

{5D9CDBE3-95A9-491A-90C5-1932363B23B6}

「浅草和彩 一休百福」さん。屋号は、一休みすると百の幸福が訪れるカフェという意味が込められているそうです。お店の方に中へお招きいただき、席に腰を下ろしました。お冷で喉を潤して、メニューを確認。黒蜜きな粉パフェなど気になったのですが、今日の食べ歩きの目的に沿って「かき氷宇治金時(白玉付き)(煎茶付き)」をオーダーしました。

 
{CFC7D62A-7DDA-43B3-871D-35D64EF8EFDA}
木をふんだんに使用した店内は、和風でもありモダンな雰囲気。通りから少し中に入るロケーションからして、ちょっとした隠れ家といった感じがしないでもないかな…

程なくしてお持ちいただいたのが↓

{2237C481-67C7-49DE-8461-89B7587FE569}

 

{3C5C57B3-B208-467F-BAAB-E042B4D8C2D0}

ジャジャーン!氷の山の上にどかーんとのっている、アイスボールのような小豆にうっとり。早速パシャパシャっと撮影しました。では、いただきます!氷の山を少し食べ進めてから小豆を沈めました。そこで白玉と氷と一緒にしてパクッと。白玉の弾力の氷のフワシャキ感、小豆の甘さ、抹茶の程よい苦味が口の中で見事にコラボしました。

食べ終わって気づいたのですが、氷の入っていた器は抹茶をいただく時のもののようで、へーっオシャレだなぁ~と思いながら、両手にとって最後まで完食しました。ごちそうさまでした…

浅草散策の途中に立ち寄ってみませんか?ほっこりできますよ~

【旅のメモ】
浅草和彩 一休百福
住所:東京都台東区浅草1-12-6
営業時間 11:30-18:00 月曜定休
電話番号 03-6231-7902

Follow me!