汐留 旧新橋停車場と「至福のお茶漬け こめらく」でいただく絶品ランチ

日帰り特集 びゅう

梅雨明け間近の週末の東京。雲間から照りつける夏の陽射しを浴びながら、新橋駅からぶらり。ここは「汽笛一声新橋を~♪」でお馴染みの鉄道唱歌にも歌われた旧新橋停車場↓
{63F8474A-19C9-4889-804E-C603B1BF735F:01}

日本最初の鉄道が、ここ新橋駅 -から横浜駅(現桜木町駅)間に開業したのが明治5年9月12日。それから140年あまり、一時は汐留貨物駅として拡張し、物流の大動脈を担っていました。やがて貨物輸送の中心がトラックに変わると共に縮小を続け、昭和61年10月31日に廃止となり、その使命を終えました。現在再現された駅舎は、開業当時の西洋スタイル。赤レンガの東京駅と違ってシックな装いです↓
{511BFDD2-D03A-4ED0-8045-8B6CC4968F2B:01}

館内では、発掘で出土した数々の鉄道の歴史を物語る品々が展示されています。訪れた時は、『富士山と鉄道』と題した企画展が催され、現在も富士急と直通運転しているJR中央線の歴史に触れることができました。

さて時間はお昼時。お腹もすいたし何処かでランチを…と隣接する汐留シティーセンターをウロウロ。あっさりとしたものがいいな…と思って暖簾をくぐったのが「至福のお茶漬け こめらく」創作茶漬けの専門店です。メニューを見せていただくと、お茶漬け以外にも色々あります。迷った末に決めたのが↓
{F54B4A47-AF38-4E41-B875-B42EBF8B598F:01}
「自家製山形だしと漬けまぐろのおひつ飯」最初に軽くかき混ぜて、漬けマグロ丼として味わいます。その後にお茶碗によそって、鰹節をのせた茶漉しの上からだしをかけてお茶漬けに。おーっこれまた奥深い味わい。ご飯やお漬物はおかわりできるので、付属の茹でた鶏肉を白ご飯にのせて、ダシをサッと。これで3つの味を楽しむことができました。いやー満足満足。
帰りに歩行者天国になっていた銀座を散歩。青空が眩しい季節になりましたね!
{360488D4-4069-4FBC-BF48-F550BDF23AE1:01}


にほんブログ村
↑ブログご覧いただきありがとうございます!よければボチッとクリックお願いいたします!!

[PR]
買いたい時にパッと簡単!すぐ予約♪海外航空券予約サイト
海外格安航空券のena(イーナ)

【旅のメモ】
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
住所:東京都港区東新橋1-5-3
電話番号:03-3572-1872
営業時間 10:00-17:00 ※月曜休館 祝日は開館、翌日休館
至福のお茶漬け こめらく
汐留シティーセンター B1
電話番号:03-5537-1588
営業時間11:00-22:30 土日祝 11:00-21:30

Follow me!