バゴー シュエモードパゴダ ミャンマー国内最大級のパゴダへ

昼食の後は、シュエモードパゴダへ向かいます。途中全景を撮影できるスポットで記念撮影タイム。高さ114mあるそうで、その偉大な姿を背景にして、ガイドさんにお願いして1枚パシャリ!バスで移動するまでの距離でもなかったのかも知れませんが…到着して入口手前の履物預かり所で裸足になります…大理石の床からヒンヤリとした感触が、足の裏を通して頭の中へ伝わってきます…なんていえばいいのかな…無防備な格好のようにも思うのですが、こうすることが、五感で仏陀と一体になる儀式のような感じ…板の床とは違うんですよね…

シュエモードパゴダ

中でカメラ撮影をする場合(カメラを持ち込む場合)は入場料と別に料金が必要、支払いをすると、ゴムバンドがついた札を証明を貰えるので、カメラのアクセサリーにとめました。

目の前にそびえるシュエモードパゴダは、1,200年以上の歴史を持つだけあって、荘厳で実際の大きさよりもズーッと大きく見えます。きっとこれも感覚が全身で、その雰囲気に染まっているような気がしました。

シュエモードパゴダ

手前にある赤煉瓦の面が露出した小ぶりな塔。これは過去の地震で崩落した塔の先端部分です。

シュエモードパゴダ

ミャンマーでは、生まれた曜日によってその人の一生が決まると信じられていて、「八曜日」で表されるのだそうです。ちなみに西暦との違いは、水曜日2つ・午前と午後に分かれて、この8つの曜日それぞれに方角や星、動物があります。ガイドさんによると、私の曜日は火曜日で、方角が南東、星は火星、動物はライオンだそうです。ということで、火曜日の祭壇へお参り↓

シュエモードパゴダ

水をかけている様子を撮影してもらいながら、そっと手を合わせてお祈りしました。

【ヤンゴン便利サイト】

・ヤンゴン行きの格安航空券一覧で探す『ena(イーナ)』
・ヤンゴン国際空港周辺のホテルを探す『Agoda』
・ミャンマーツアーで探す『クラブツーリズム』

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

↑ブログご覧いただきありがとうございます!
よければこちらからこのブログのランキング確認をお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です