【酒田市】炭火やきとん一豚 うんめぇ豚丼食べて夏バテなんて吹っ飛ばせ!

今回は山形県酒田市の「炭火やきとん一豚」さんを訪ねました。

酒田駅からお店へ

羽越本線の列車で酒田駅に到着。改札口から駅舎外へ出て、右手にある地下道入口へ。反対側に出た駅東ロータリー沿いにお店はあります。

炭火やきとん一豚

駐車場はお店の裏手に。近くには「味好 駅東店」さんがあります。

ひとりでも気軽に

土曜日のランチタイム終了30分前に到着。もし売切れだったら…と不安が頭をよぎるも、暖簾がかかっていたので中へ。右手の厨房そばにカウンター席、左手にテーブル席もあります。この時はどちらも空きあり。「お好きな席へどうぞ。」テーブル席を選ばれる方が多いと思いますが、私は落ち着かないのでカウンター席。ここが居心地いいんです。

ランチタイムは豚丼一択

炭火やきとん一豚さんのランチタイムは豚丼のみ。サイズは小、並、中、大で ご飯とお肉のグラム数がメニューに記載されています。お腹の空き具合で選んで下さい。

テイクアウトも続々

出来上がりを待っている間も、食事を楽しんでいる間も、テイクアウトされる方が続々とお越しになりました。電話で予約、その際にお店の方に教えてもらった「出来上がり予定時間」に取りに来ればOKのようです。

支払い方法は多彩

支払いには現金の他、PayPayやSuica・チェリカといった交通系ICカードの利用できます。

豚丼を味わう

オーダーが決まったら,お店の方に声をかけて伝えてます。昔なら迷わず「大」だったんですが、今回は「中(800円)」をベースに味変を楽したく「温玉(50円)」、お口直しに「みそ汁(50円)」とオーダー。

炭火やきとん一豚

まず焼き豚ひと切れとご飯適量をとってパクっと。まず「庄内産豚肉」の肉汁がジワっときて、「山形県産はえぬき」のふっくらした美味しさと合わさって、濃淡絶妙なバランスのタレがマルっとまとめていく感じ。二口目は温玉をのせた後、黄身を絡めていただきます。それぞれの旨みのコラボで濃厚な味変です。ここで味噌汁を啜って、しば漬けで口の中をブレイクしました。

炭火やきとん一豚

食べすすんでいっても、ご飯にかかっているタレの量が同じ印象。もしかしたら、何層にも渡ってタレがかけられているのかもしれません。だから途中で混ぜることなく最後までいただきました。ごちそうさまでした。

炭火やきとん一豚の基本情報

炭火やきとん一豚
住所:山形県酒田市駅東2丁目2-3
https://tabelog.com/yamagata/A0603/A060301/6010802/

Follow me!