奥羽本線峠駅 立ち売りの売り子さんから買う「峠の力餅」青春18きっぷで訪れたい山形の駅

前回からの続き

山形鉄道フラワー長井線の旅を堪能して、赤湯駅へ戻ってきました。せっかくなので、赤湯温泉で一風呂浴びて…なんて目論んでいたのですが、予想以上に観光に時間がかかってしまったのと、これから乗車する米沢〜福島の奥羽本線(愛称:山形線)普通電車が少なく、1本後にすると福島でのライブに間に合わないので急ぎます。

米沢駅での乗換時間4分。名物駅弁・牛肉弁当が気になるのですが、この先に美味しい“スイーツ”が待っているので我慢ガマンです。出発した電車は登り勾配の線路を先へ先へ軽快に走り続けました。空模様が急激に変わって、今にも雨が降りださんような雰囲気…山形・福島の県境へ向かっていきます。15分ほどすると、トンネルに入ったかな…と思ったら停車。実はこれはトンネルではなくホームを覆うスノーシェルターです。ここが目指す峠駅です。その名の通り、奥羽本線内で最高地点・標高626mの場所に位置。ここから山形側・福島側へそれぞれ下っていきます。

さてお目当の駅立ち売りの販売員さんは…あーっ、いらっしゃった!開いたドアから手を振って「ひとつください」と代金と引き換えに受け取ったのは、この駅の名物↓

{0E908916-4CD2-4812-867A-ED7EF670C370}

「峠の力餅(10個入り)」あっという間にドアが閉まり、電車は出発。事前にお店のホームページで販売されていることを確認していたのですが、もしいらっしゃなかったら…なんて思うと、本当よかった。昔はこの駅にスイッチバックがあったので、長時間停車していたようですが、山形新幹線の開業に合わせて廃止。短時間停車の電車の乗客相手に奮闘されているので、是非一度来てみたかったのです。なお、朝夜の時間帯は立ち売りをされていません。お店のホームページをチェックしてから、予定をたてていました。

蓋を開けたのは、ライブが終わってから。東京へ向かう新幹線の車内でいただきました↓

{742BCAFB-7B79-4C0B-BBBB-DD13B50832D7}

思っていたより、餅の部分が薄くもたれることがないので、続けて2個パクパク。そして甘党な私は、峠の力餅を酒の肴にビールをいただくのでした(笑)

{C854BBFC-DEDC-4276-9444-4A1A2102BEF7}

{A77238BC-2E24-4CDF-B156-A4F48EC89991}

福島県文化センター

この夏、青春18きっぷで東北へ行こうと思っているので、その際にまた買えたらいいなぁと思っています。皆さんも旅のお供にいかがですか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
にほんブログ村
↑ご覧いただき有難うございます!
よければポチッと押して下さい!

【山形の旅に便利なサイト】

山形鉄道フラワー長井線:赤湯駅~荒砥駅を結ぶ。置賜さくら回廊のメインアクセス。
びゅうJRで行く山形|えきねっと:山形新幹線と宿泊がセットでお得!個人旅行プラン
日本航空:羽田・大阪(伊丹)・名古屋から山形へ

Follow me!