京急ファミリー鉄道フェスタ2014 ずらり並ぶ新旧車両やイベント限定駅弁など

日帰り特集 びゅう

5月24日の日曜日。いつも通勤で利用している都営地下鉄浅草線から乗り入れしている京急本線へ。最寄り駅の京急久里浜駅で下車すると長い長い列ができていました。皆さん会場へのシャトルバスを待つ人達…40分ほど待ってやっと乗車することができました。駅前から住宅街のような場所に入り、やがて見えてきました↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

今回の京急ファミリー鉄道フェスタ2014の会場である、京急ファインテックス久里浜営業所です。中は大勢のお客様で賑わっていました。入口近くではご当地グルメのお店が並び、いい匂いが食欲をそそります。奥へと進んでゆくと、デ1形・デ51形車両が見えてきます↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

更に奥へすすむと↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

あー赤青黄色の3色のカラフルな電車が揃い踏みです。ちょっと興奮気味にシャッターを切りました。その並びには、しあわせの黄色い電車と呼ばれる「新幹線のドクターイエローの京急版」事業用電動貨車が展示されていました。

撮影を楽しんだ後は、工場見学にレッツゴー!改めて見てまわると、いろいろな種類の車両があるんだなぁ~って実感します。こちらは新1000形(左)と1500形↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

中に入っていくと、電車の屋根の載っているクーラーずらーっと並んだ一画へ。かなりの数のクーラーが並ぶとちょっと爽快な気分に。向かいの建物では、塗装中の車体を見ることができました。赤青黄色とくれば…今度は、緑色の電車が出てきても面白いかな…

さて、お腹も空いてきたし、そろそろ何か食べたいな~と思っていたその時…オリジナル弁当発売中~の掛け声を耳にしました。おおっ…これは気になるぞっと駆け寄って行きました。出店されていたのは崎陽軒さん。そう、横浜駅の駅弁で有名なシューマイ弁当を販売しているお店です。お話を聞いてみると、このイベントに合わせて特別な包み紙と、中のおかずの組み合わせがウリということらしい…早速ひとつ買い求めてました↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

新旧の京急さんの看板列車がとても印象的。さて蓋を開けると…ジャジャーン↓

京急ファミリー鉄道フェスタ2014

名物のシューマイの存在感はさすが。シュウマイについで人気、筍煮は甘辛くよく味がしゅんでいて美味です。(しゅんでってしみ込んでと同じ意味です。方言かな?私はよく使います。)駅で販売しているものと違っている点と言えば、白ご飯に加えてもっちりした食感にあっさり味のおこわが登場!また、お口直しの杏の代わりに黒糖かりんとう饅頭がこれまた新鮮な味わいです。

午後を過ぎても続々と訪れるお客様を横目に、満喫満足だなぁ~と意気揚々と会場を後にしました。

Follow me!