JR東日本豊田車両センターまつり2016中央線で活躍する車両達主力新人ベテラン見る

日帰り特集 びゅう

気持ちいい秋晴れの東京。午後の山の手線から中央特快に乗り換えて下車したのは、豊田駅。以前、台湾鉄路管理局管内の駅と同名の駅を訪ね歩いて以来の再訪です。その時は駅の北側へ出たのですが、今回は南側から出発します。歩道に立たれた係りの方の案内に従って、南下した後、西へ向いて、そして北へ。住宅街を抜けた先に現れたのが、JR東日本さんの豊田車両センターです。
 
 
{14A85046-31AE-4BDD-BB63-CE1966CBBF17}

 

入口で敷地内のマップ兼イベントスケジュール表を受けとり、中へ進みます。鉄道グッズやパン・飲み物などを販売するお店を覗きながら歩くと、正面に姿を現わしたのが↓
{9C742781-E465-49DE-8B0C-4F4A528BF166}

 

「201系電車」多勢の方がシャッターをきっていらっしゃいました。建物の中に入ると出迎えてくれたのが↓
{1D6443E5-DF23-4980-A9B8-ABB25A1AEE74}

 

{91258E95-FD47-4FB2-B986-CCC0F0B53E6C}

 

 
中央線の主力選手「E233系電車」ここではパンタグラフ等の部品や鉄道玩具が天気されており、お子さん達の声も一段と大きくなっていました。
 
{699F1F29-AE8B-474B-A5D9-9F55C86429A5}

 

 
車掌さんの職業体験が行われている車両のそばを通り抜け、建物の外へ出ると…ずらっと車両が並ぶ展示エリア。新型車両E353系電車をはじめ、E257、651系など見ているだけでワクワクしてきます。私も他のファンの方と一緒に撮影を。
 
 
 
 
 
 
お昼にいただいたのは、豊田車両センターまつり記念弁当(950円)
{19B959DF-1673-47AA-808E-9317F266AEB6}

 

{E901D945-04B9-4A4C-86B1-BF82817C6F81}

 

 
青空の下で食べるとまた格別ですね〜楽しいひとときを過ごすことができました。
 
 
【撮り鉄旅に便利なサイト】

 

 

 

 

Follow me!