東京駅 菜食弁当 夏の旅ににもオススメ♪日本初ヴィーガン認定を受けたヘルシーな駅弁!

Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー

東北・上越・秋田・山形・北海道・北陸新幹線の各列車が発着する東京駅ホーム。車内販売の取扱商品から駅弁がなくなってしまった為、車内で食事をする際は、売店などで事前購入する必要があります。

菜食弁当

今回はホーム上の売店で購入。ガッツリ肉系というより、軽めがいいなという発想で惹かれた、菜食弁当(930円)を選びました。日本ばし大増さんの製造。

日本初ヴィーガン認定を受けた駅弁

包装紙に記されている「ヴィーガン認定」とは、特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパンが、原材料に肉、魚介類、乳、蜂蜜及びそれらに由来する動物性食材を使用しない、基準を満たした製品に対して認定すること。この菜食弁当は駅弁で初めて認定されたそうです。

菜食弁当のお品書き

曲げわっぱを思い起こさせる容器の蓋をとると↓
菜食弁当

彩り豊かなラインナップ。包み紙に書いてあるお品書きを見ながら、いただくことにします。

ごはん
ご飯は、国産の白米と雑穀入りの2種類。冷めてもみずみずしく、どのおかずとも相性よし。箸が進みます。

おかず
豆腐ハンバーグ和風あん和え、車麩唐揚、赤キャベツと糸寒天のマリネ(クコの実入り)、南瓜煮、玉葱オイル焼、舞茸煮、筍煮、ひじき煮、アスパラガスオイル焼、蓮根煮、ズッキーニオイル焼、そら豆、赤パプリカオイル焼、人参煮、大豆たん白そぼろ甘露煮、枝豆。

煮物の味付けには、昆布を使用。煮出した汁に含まれる旨味が、繊細な味わいのベースになっていることがポイントです。

菜食弁当の販売店

駅弁屋 祭(東京駅)、駅弁屋 頂(新宿駅) 及び 東京駅・上野駅・大宮駅の駅弁屋で販売されています。(2019年8月現在)

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Follow me!