快速きらきらうえつ 新潟駅〜鶴岡駅(140.7km) 乗車記 荒波の日本海を車窓に

日帰り特集 びゅう

上越新幹線から在来線へ乗り換え。跨線橋を歩き、行き止まり式8番・9番線ホームへとやって来ました。既にこれから乗車する「快速きらきらうえつ」は入線しており、車両をバックに記念撮影される方々の姿も。あまり時間がないので、私も素早く撮影をして車内へ。


きらきらうえつ号は快速列車ですが、全車指定席。乗車券の他に指定席券(大人520円・小人260円)が必要です。今回確保できた指令席はD席。窓側なのですが山側…人気列車なので、景色がいい日本海側AB席は早々に予約済みだったので…でも、山並みを眺めながら過ごす時間も悪くはないかなと思い予約しました。
動き出した車内を移動して向かったのは、きらきらラウンジがある2号車。今朝ご飯を我慢してやって来ました。ここで「きらきら弁当」を食べたかったので。楽しみです。カウンターで代金を支払うと、お弁当と一緒に手渡された「茶屋専用席利用券」は1番。このスペースを貸切で、約40分間楽しむことができます。
流れ行く車窓を眺めながら、早速いただきます!箱に書き添えられたお品書きを確かめながら、一品一品味わいました。食べ終わったところで、指定席を確保した1号車へ移動。先頭車にしたのは、運転席側にミニラウンジがあるので。車窓に日本海が見えてくるのは、村上を発車して三面川を渡った頃から。名所の笹川流れを見て県境へ。山形県に入った頃には、ポツポツと雨が降り出しました。

勧進帳の舞台になったと言われる鼠ヶ関を出ると、次はあつみ温泉。いつか温海川沿いに広がる温泉街を、ブラブラ湯めぐりしてみたいなぁ…ちなみに車内で配布されている「おトクなきらきらチケット」を湯村めぐり入浴券購入時に提示すると、特製タオルがプレゼント。他にも沿線の停車駅で利用できる特典が多くあります。是非手に入れてくださいね。
日本海と別れ、車窓に田園風景が見えてくると、間もなく鶴岡駅に到着です。

Follow me!