麻布十番 浪花屋総本店 鯛焼き屋さんのふっくら小豆がたっぷり宇治金時ミルクカキ氷

日帰り特集 びゅう

先週末は梅雨明けを思わせる青空と風と暑さ…寝苦しい夜から目覚めてると、枕元に新聞が…あれっ?自分で取りに行った覚えはない…ひとり暮らしの私・たまそらなんですが…もやもやしたまま起きて、掃除、布団干し、洗濯、読書…昼間から飲んだビールのおかげで、汗をかきかきうたた寝。起きたら、もう夕方4時過ぎ…なんかこのまま休日を終えるのはなんか嫌だな…ということで、急いでシャワーをし、着替えて最寄り駅へ。週末のお出かけで帰宅される人々の流れに逆らうように、電車に乗りました。

で、降りたのは麻布十番駅。去年ライブで一度来て以来。その時は鳥居坂下から登り坂だったのですが、今日は未踏の反対側。7番出口から地上へ出ると、正面に夕焼け。横断歩道を渡って、左手にお目当のお店の看板「たい焼き」がチラリ。あそこだ!

 
{B2179D28-5903-408F-B048-2A37CAE1799C}

今日訪ねたのは「浪花屋総本店」さん。入口で店員さんに「カキ氷いけますか?」と声をかけると、どうぞお2階へ!とテンポよく返していただき、そばの階段をあがります。「いらっしゃいませ!どーぞー」とこちらを向きながら、たい焼きを焼いているおじさんが店主さんらしい。

2階はオープンエアのゾーンと、続くドアを開けた厨房と客席がありました。入口の長椅子で少し待って席へ。来る前から決めていた↓

{3195F0F8-E959-4C06-AFDC-D25B73377C2D}

「宇治金時ミルクカキ氷(900円)」をオーダー。最近器の外に雪崩を引き起こしたので、慎重にいただきます。小豆大好きな私はまずはここから。そろっとすくってパクッと。おー、甘さと風味、そこに加わるどこか懐かしさが、柔らかい感じで脳をクルクルと巡り刺激します。あんこに洗脳された後は、香り高き抹茶と冷たい氷を口に含むと、思わず笑みがこぼれました。誰も周りのお客さん気づいてないよなぁ…

麻布十番の町歩きの合間に、ホッとひと息つけるオアシスですよ!

【旅のメモ】
浪花屋総本店
住所:東京都港区麻布十番1-18-4
電話番号:03-3583-4975
営業時間 11:00-19:00 火曜日・第3水曜日定休

Follow me!