銀座木村家本店 元祖酒種あんぱんとあんバター・無花果あんぱんをテイクアウト

日帰り特集 びゅう

土曜日夕方。会社がある新橋界隈から銀座へと猛然と早足で歩く私。18時半で閉まってしまうキャノンサービスセンター銀座さんへ愛カメラの修理を依頼したかったから。日曜がお休みなので、今日を逃すと来週まで来れず…再来週に出かける際には使いたかったので、必死のパッチ。そんな焦る私のことなんてつゆ知らず…といった感じで、両サイドの歩道には、大勢の人々が行き交い、前へ進むのが結構大変に…冷や汗ダラダラ…受付の番号札を取り出した時には、閉店15分前。やれやれです…

と、まぁ、そんな感じでやって来た帰りは、拍子抜けしたというか、余裕綽々。町の様子をキョロキョロ眺めながら戻ります。銀座四丁目交差点の手前で、見つけました!あーここかぁ!最近ほぼ毎日食べているくらいあんぱん好きの私の憧れのお店「銀座木村家本店」さん。明治2年に開業されたそうですから、140年以上の歴史を持つ老舗パン屋さんです。初代・木村安兵衛さんが試行錯誤の末に考案された「酒種あんぱん」が看板パン。酒種酵母菌という米と麹で培養された酵母菌が用いられています。ちなみに明治天皇に献上された酒種あんぱん・桜は、直営店舗で人気No. 1だそうです。

週末の疲れをどっぷり背負ったサラリーマン風の私が入るのは…って気後れしたのですが、そうそう来れる訳でもないから…と思い切って店内へ入ります。左手のショーケースにずらっと並ぶパン…どことなくパン屋さんというより、和菓子屋さんのような感じも。1個ずつ買うことができるので、気になった3種類を購入。今日の晩ご飯と明日の朝にいただくことに…

酒種あんぱん栗(税別180円)は、栗の甘露煮にバターが加わった和洋折衷な味わい。

{95684229-D04B-4EC0-B048-C26B8F55599A}

無花果あんぱん(税別180円)は、紅一点、苺ジャムとも違う酸味がとても印象的。

{F9E88278-F632-4A87-9EA2-4D5681BD2755}
そして今朝いただいた、あんバター(税別230円)
{809D055E-23E1-42F2-8E82-A034E3B5DA9B}

{070085ED-C39F-4CC5-A0F9-327509755EF5}

バターとつぶあんを包むフランスパンの食感が超絶妙!フランスパン独特な固さは弱くソフトに、弾力性が増していてポロポロとパン屑が落ちない…これなら外で食べ歩きもできそう…

{BD94B637-460F-47DA-A363-201F79F67BA5}

木村家さんをPRした広目屋(ちんどん屋)をデザインした袋。太鼓に書かれた西洋菓子の文字とドレス姿で三味線を演奏する女性が印象的…文明開化のオツな感じがするのですが、皆さんはいかがですか?ポルトガル人が種子島に漂着した1543年に鉄砲と共に伝えられたと言われるパン。江戸時代には蒸餅、すなわち饅頭の餡なきものと言われていたのだとか。そこから餡の入ったあんぱんを考案された木村安兵衛さんの偉業に敬意を表しつつ、ごちそうさまでした。

【旅のメモ】
銀座木村家本店
住所:東京都中央区銀座4-5-7
電話番号:電話03-3561-0091
営業時間:10:00-21:00
※各階で異なる

Follow me!