東京都台東区浅草で味わう台湾料理 台灣キッチンバル 一味森でスパイシーな紅焼牛肉麺

Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー

訪日観光客で賑わう東京都台東区浅草。今回は、ここで本格的な台湾料理を食べにやって来ました。

台湾キッチンバル一味森への行き方

都営地下鉄浅草線の浅草駅で下車して地上へ。雷門通りを歩きます。お寿司屋さんや行列ができる食べ放題のお店等見ながら、国際通りへ入りました。この辺りにくると、観光客に混じって、買い物袋を手に提げた地元の人たちも多くなります。つくばエクスプレス浅草駅の入口を見たら、かっぱ橋本通りの路地へ。ここに目指すお店「台灣キッチンバル 一味森(イチミモリ)」さんがありました。

オシャレな店内 お酒も楽しめるキッチンバル

店内に入ると、左手に厨房とカウンター席、左手にテーブル席が奥へと続きます。空いている席へどうぞと言われ、カウンターへ。メニュー表と他に、メニューを紹介されているカタログを出してきてもらいました。

一味森

店員さん同士でお話されている様子から、皆さん台湾の方のようです。

一味森

一味森

許可を得てお店の中を撮影していたのですが、イラスト入りのお洒落なメニューが目を惹きました。

看板料理の紅焼牛肉麺と魯肉飯

表の大きな垂れ幕で紹介されていたのは、魯肉飯と紅焼牛肉麺。魯肉飯は、台湾の屋台や食堂のメニューで、見かけないことはないと思われるくらい目にする国民食。甘塩っぱく煮込まれた細切れの豚肉を、煮汁と共にご飯の上からかけたもの。最近日本でもファミリーマートさんがお弁当にして販売されるなど人気があります。

本場台湾の味を日本でいただく紅焼牛肉麺

今回いただいたのは、紅焼牛肉麺(880円+税)こちらも今や台湾を代表する麺料理と言っても過言はない逸品。席に運ばれてくると、真っ先に感じたのは八角の香り。

紅焼牛肉麺

日本の方には少し抵抗があるかもしれませんが、台湾ではごくごく一般的。先ほどご紹介した魯肉飯にも入っています。まずはスープをひとくち啜りました。こちらは、台湾の香辛料を使い、7時間かけて煮込まれたそうです。

一味森

ひとくち啜ると、最初に口の中を駆け抜ける辛さ、そのあとに続く酸味が心地よく、徐々に体の中から温もってきました。このスープが、平たい縮れ麺によく絡みます。日本国産の牛肉は、肉厚で柔らかくて、食べ応えありました。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

台灣キッチンバル 一味森の基本情報

住所:東京都台東区西浅草2-27-9
電話番号:03-5828-7071

Follow me!