本駒込 六義園 紅葉と大庭園のライトアップを散策

日帰り特集 びゅう

週末の仕事帰り、ふと思い立って自宅とは反対方向の列車に乗車。都営地下鉄三田線千石駅で下車しました。地上へ上がると、既に夜の帳が下りています。時間は18時前。もう秋から冬へ向かっているんだなぁ…と思いながら歩き出しました。

メモを頼りに不忍通りを上野方面へ向かって7-8分歩き、本郷通りへ入って看板を頼りに左手へ。見えてきたのが、特別名勝「六義園」です↓
{0803E21C-6289-4BE5-8DD5-C9D664A3CB53:01}
いつもは閉園時間17時ですが、12月7日までのライトアップ期間中は21時まで延長されています。日没から点灯されているそうなので、ちょうど始まった頃かなぁ…入口横の入場券売場でチケット(300円)を購入して中へ。
ボードで庭園の概要を確認すると、元禄15年(1702)柳沢吉保の命に依って築園されたそうです。その後、岩崎彌太郎の別邸となり、昭和13年(1938)に東京市に寄付されました。園内には和歌にちなんだ見どころが随所に配置されているようで楽しみです。
暗がりの向こうに大泉水が広がり、照明に照らさた妹山・背山が見えてきました↓
{130485BD-8354-407B-B6FD-9E546C265142:01}
線対称に水面に写る光景に暫く魅入ってしまいました。やはり他のお客様もそのようで、この辺りはかなり渋滞していました…
園内を時計回りに半周ほどしてくると、艶やかに紅葉した木々のトンネルが↓
{CD19E2F2-C052-4C6A-9A5C-FCB5B693A481:01}

{553568AC-6495-4A1A-BDC3-CD92350FC9CA:01}
青い照明で彩られた水辺とのコントラストにも目を奪われます↓
{968EEFB7-9DF0-42EE-BE38-AEABD15CD951:01}
この辺りは回路の幅が狭くなっているのと、JR山手線駒込駅最寄の入口・染井門があるのでしばらく身動きが取れなくなりました…さすがに人気スポットだなぁ…
ライトアップは12月7日(日)まで催されています。まだこれから色づく木々も多かったので、是非訪れてみて下さいね!
【旅のメモ】
六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
電話番号:03-3941-2222
開園時間 9:00-17:00(ライトアップ期間中は21:00)
都営地下鉄三田線千石駅から徒歩約10分
JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅から徒歩約8分
※染井門まで徒歩約2分(染井門はイベント開催時のみ開門)

Follow me!