亀戸天神社 藤まつり 大勢の人々で賑わう境内を散策 & スポーツ振興の神 香取神宮へ

日帰り特集 びゅう

降り立ったJR亀戸駅から、大勢の人々が行き交う亀戸十三間通り商店街を北上。亀戸天神通り商店街を歩いて3つ目の信号を渡ると、朱塗りの大きな鳥居が見えてきます。ここは江東区にある亀戸天神社。5月7日まで開催されている藤まつりを見学しにやって来ました。
 
 
 
太鼓橋を渡っていると、ちょうど左手側に東京スカイツリーを望むことができ、海外からのお客様が熱心に写真撮影中。かなりの人数方がお見えのようで、日本の旅を楽しんでいらっしゃる様子に嬉しくなります。
 
橋のたもとからは、今日のお目当「藤棚」を見ることができました。木陰に入って照りつける日差しを避けながら撮影。
 
 
 
本殿をお参りした後、境内で催されていた歌謡ショーをちょこっと覗いて退散しました。
 
 
 
駅へ戻る途中に立ち寄った香取神宮はスポーツ振興の神だそうで、前日には武者行列が練り歩く「勝矢祭」が催されたようです。
 
 
 
本殿の前では、大勢の人々が、かがんで何かを拾っておられました。境内の白い小岩が白星・勝星と呼ばれていて、縁起のよい白石されているからだそうです。
 
亀戸梅屋敷では鯉のぼりを見ながら、しばしの小休止。冷たい飲み物で喉を潤しました。
 
 
 
初夏の訪れを感じるような天気で、心地よいゴールデンウイークのひととき過ごすことができました。
 

 

 

 

Follow me!