世田谷 豪徳寺 多くの招き猫に呼び寄せられるように訪ねた井伊家ゆかりの古刹

日帰り特集 びゅう

結構時間がかかるのではないかと、朝イチで行った日曜の運転免許の更新。思ったよりスムーズに進み、時計を見れば、まだお昼まで時間があるぞ…ならば…ということで、帰宅する方面の電車を途中で下車して乗り換え。小田急線は昼ドラマの舞台になってるケースが多いなぁ…なんて思いながら下車したのは、豪徳寺駅。

{EE3422C5-4723-4A82-A0E8-03A8B5DD4F44}
駅を出ると、出迎えてくれたのは↓

{0D186E9F-F172-486E-AE77-0AB5677C35E3}

「招き猫」発祥の地として小田急電鉄の協力のもと建立された…といった旨の経緯が台座に記されています。御利益にあやかろうと、通りすがりに頭を撫でる男性も。私はなんとなく手を合わせてました。今日の旅も無事終えますように…

なぜ豪徳寺を訪ねたかというと、昨日あるひと方から招き猫で有名なお寺が世田谷にあると伺ったのがきっかけ。で、実はピーンとくることがあって、帰宅後に確認するとドンピシャ。前日の日経新聞夕刊で取り上げられてのを観ていたのです。これもきっと何かのの縁だな…。

そばにある周辺地図を頼りに、豪徳寺商店街を歩きます。美味しそうなスイーツのお店や楽しそうな雑貨屋さん…時々ショーウィンドウや看板に招き猫を横目に歩き続けるとT字路の行き止まり。そばには東急世田谷線の鮮やかな2両編成の電車が通り過ぎていきます↓

{660B87DE-2026-404A-86E5-9450815731E7}

多分こっちかな?と進んだ先に、目的地・豪徳寺の案内板が見えてひと安心。さらに住宅地を抜けると↓

{C9464718-08D2-4791-B4FA-749E57F330ED}

立派な山門にたどり着きました。傍にある石碑からわかるように「井伊直弼」のお墓があり、との史跡になっています。では、山門をくぐり中に入ると、現れたのは立派な三重の塔↓

{3766FE4D-D412-4F05-85C1-159C30281169}

その奥の仏殿の隣りに招福堂↓

{4297A0E0-DBD5-4A02-B654-7B60631303D4}

そばには、祈願成就の招き猫がまつられた奉納所。その数、およそ4000体あまり。圧倒されます↓

{F4C66D95-9A42-4090-8253-4F6991DBDACB}

猫好きということもありますが、せっかく来たので「招福猫児」を授かりました↓

{F55DC15B-B2F7-4693-B1A8-A7EDE475AEB9}

他に招き猫が描かれた絵馬もあります。

そろそろ暑さのピークが来そうなので、涼しい場所まで戻ろうかなぁ…

【旅のメモ】
曹洞宗 大谿山 豪徳寺
住所:東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
電話番号:03-3426-1437

【街歩きにオススメの一冊】

ネコ路地へ行こう(森田奈央著)

ネコ路地へ行こう (小学館文庫)

中古価格
¥1から
(2016/7/11 00:34時点)

[小田急トラベル]

ロマンスカーとお宿がセットでオトク

Follow me!