エアドゥ ADO12便 新千歳空港発羽田空港行 搭乗記 QRコード スキップサービス Wallet 等

Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー

札幌からの東京への帰路、初めてエアドゥを利用しました。今回はその際の搭乗レポートをご紹介します。

札幌市内から新千歳空港へのアクセス

エアドゥADO12便の新千歳空港出発時刻は08:00。出発1時間前の07:00到着を目安に交通手段を検討した結果、JR北海道の快速エアポート60号を利用しました。

エアドゥ

快速エアポート号には、指定席車両「Uシート」が連結されています。自由席車両は混雑することがあるので、指定席料金(540円)かかりますが、利用されている方も多いです。試しに今回乗車したのですが、新札幌駅を出発する時点で満席になりました。

なお、指定席券は改札内のホーム等では販売されていなかったので、事前にみどりの窓口や券売機で購入されることをオススメします。

新千歳空港駅到着後、改札口を通ってチェックインカウンターがある2階へ。自動チェックイン機を探したのですが、付近にはANA全日空しか見当たらずちょっと焦りました。

スキップサービスとWalletアプリ

この際、事前座席指定を済ませており、また機内預け荷物もなかったので、Skip(スキップ)サービスを利用できることを思い出しました。ここで便利なのが、「Wallet」iPhoneユーザーの私は予約時にアプリに保存しており、すぐに画面上にQRコードと便名などを搭乗券と同じようなスタイルで表示させることができました。手荷物検査場で読み取り機に画面をかざせばOK。また、機内へ入る際もゲートにある読み取り機に再度かざしました。

エアドゥ

エアドゥ ADO12便の機材 座席 機内サービス

この日のエアドゥ ADO12便の機材は、ボーイングB767-300。普通席のシート配置は、通路を挟んで2-3-2でした。

エアドゥ

国際線のようなパーソナルテレビはなく、音楽プログラムが用意されています。利用した時は、邦楽プログラムが3チャンネルと落語プログラムが1チャンネルありました。また、客室乗務員さんに申し出れば、ブランケットの無料貸出もされています。

離陸後、ベルト着用サインが消えると、機内サービスがはじまりました。飲み物サービスがあり、アイスコーヒをお願いしました。カップはエアドゥのキャラクター「ベア・ドゥ」をデザイン。テーブルのカップホルダーに差し込むとこんな感じ↓
エアドゥ

出し入れすると、なんだか照れているように見えるのは、私だけでしょうか?

エアドゥの機内販売

飲み物サービスの後は、機内販売。客室乗務員さんが、エコバッグ(500円)とても人気があるヒットアイテムと紹介されて、欲しくなったのですが、声をかけるタイミングを逃してしまいました。着陸態勢に入った為、次回利用の際の楽しみにとっておくことにしました。

エアドゥ

ほどなくして羽田空港の滑走路に着陸しました。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Follow me!