福島県南相馬市 双葉食堂 透き通った鶏ガラスープの中華そば 地元で愛される老舗の一杯

Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー

今回は福島県南相馬市へやって来ました。この街で昭和26年に創業された「双葉食堂」さん。お店で長らく愛されてきた看板メニュー、中華そばをいただきました。

地元の人々に愛される双葉食堂

JR常磐線小高駅から、googleマップに従って3分ほど歩いて到着。お昼時とあって、既に大勢のお客様で賑わっています。表で待っておられる方の姿も目立ちました。先にカタカナで名前と人数を名簿に書いて、順番を待ちます。訪れた日は、よく晴れて初夏を思わせる暖かさ。コートを脱いで、シャツ1枚でもちょうどいいくらいでした。

しばらく待っていると名前を呼んでもらいます。合席もちろん大丈夫です!食堂横のご自宅玄関から中へあがり、座敷席に腰を下ろしました。他のお客様は、小さなお子さんを連れたご家族や地元のご夫婦二組、工事関係でお越しの方など。

双葉食堂のメニュー

テーブルに置かれたメニューを手元へ。
中華そば 600円
もやしラーメン 700円
肉うどん 600円
かけうどん 450円
大盛り 100円
大大盛り 200円

看板メニュー中華そばを大盛りで

注文を済ませてしばらく待っていると、やってきました!「中華そば600円+大盛り100円」澄んだスープが食欲をそそります。では、いただきます!

双葉食堂

透き通った鶏ガラスープ

隣の常連さんは、連れのお客さまにあれこれレクチャー中。関西の人には合うんじゃないかな~との声が聞こえてきました。そう、私・関西出身。とは言え、関東暮らしが長いので、味覚が変わってきているかも…と思ってまして…。そう言われると、薄めかなぁ~と感じたのですが、胡椒とか加えるより、このままで充分美味しかったです。胃の中がじんわりくる感覚好きです。

たっぷりのネギとチャーシューを合間に、麺を啜る、スープを味わう。ジワっと肌に感じる汗…身体の中から湧き上がるハイテンションな気分。外見は淡々と味わっている程を装う。たぶん周りの人達には気づかれてないはず。朝ご飯抜いてきたのでちょうどいい満腹指数で完食!

平日のみの営業だそうですが、また機会を見つけて食べに寄せてもらいたいと思いました。皆さんも是非・福島・相馬地方へ足を運んでくださいね!

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

双葉食堂の基本情報

住所:福島県南相馬市小高区東町1-96-1
営業時間:11:00-14:00 ※スープがなくなり次第終了 木曜日定休
※JR常磐線小高駅から徒歩3分

Follow me!