都営バス 都02乙系統 池袋駅東口から東京ドームシティまで乗車記

GW・春におすすめの列車旅 えきねっと びゅう国内ツアー

今回は池袋駅東口から東京ドームシティまで、都営バス「都02乙系統」に乗車します。

池袋駅前を出発したバスは、緊急事態宣言解除後の賑わいから遠ざかっていきます。

しばらく首都高速5号池袋線の高架下を走行。東池袋四丁目バス停からご老人が乗車されました。バスは東京さくらトラム(都電荒川線)の線路を渡ります。

次の雑司ヶ谷霊園入口バス停の手前で、先ほどのご老人が席を立たれました。「バスが停まるまで席に座っていてください。」とアナウンスする運転手さんに話しかけられます。どうやら逆方向のバスに乗車してしまった模様。西新井方面へ向かいたいそうで、運転手さんが反対車線にあるバス停の場所を丁寧に案内されていました。ご老人は丁寧にお礼を言って下車。

左へ曲がった後、護国寺、護国寺正門前と続けて停車します。護国寺へ行くなら、正門前より仁王門が見えた護国寺バス停のようです。

護国寺正門前

護国寺正門

春日通に入ると、両サイドに高いビルが連なります。そして大学が多い。お茶の水女子大学、拓殖大学などなど。

大塚二丁目バス停の手間に、ガラス張りの「シアトルエスプレスカフェ お茶の水女子大学店」があります。ノートパソコンやスマホを見ている学生さん達の姿が見えました。

駅前の賑わい、茗荷谷駅前バス停。傳通院前から徐々に下り坂。富坂上のバス停近く、袴姿の女性にスーツ姿の男性が大勢後楽園駅方面へ向かって歩いています。どうやら中央大学は卒業式だったみたい。コロナ禍でなければ、これから送迎会・お疲れさま会へ繰り出す学生さんも多かったのかな。見ていると、ほとんどの人がまっすぐ駅へ向かっています。でも、ときどき卒業を名残惜しむように、ご両親やお友達と記念撮影をされている光景が。リモートの講義など「学びたかった姿」とは違う学生生活だった一年…。そして、社会人になっても「リモート」が続くのでしょうか。見ごろを迎えつつある桜がはなむけのメッセージを静かに発している…ように見えるのは私だけでしょうか。

正面に東京メトロ丸の内線の赤い電車、東京ドームが見えて春日駅前バス停。ここで私を残してほとんどのお客さんが下車されました。

都営バス 都02乙系統

壱岐坂下の交差点をぐるっと回って、終点・東京ドームシティに到着。バスを降りると、ジェットコースターの音に遊戯施設の説明をするアナウンスが聞こえてきます。あ~春休み始まっているんですね。


国内旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

Follow me!