津軽海峡冬景色歌謡碑めぐり青森駅から津軽半島 龍飛岬へ JR津軽線と路線バスでアクセス

Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー

今回はJR青森駅から津軽半島の最北端にある龍飛岬へ向かいます。石川さゆりさんの名曲「津軽海峡・冬景色」で歌われた景色を自分の目で確かめるために。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

JR青森駅から青森港方面へ歩きます。青森ベイブリッジの下を通り、姿を表した青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸。この前に津軽海峡冬景色歌謡碑があります。足を進めると、センサーが反応して曲が流れました。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

JR津軽線 青森駅~三厩駅の旅

今は無き青函連絡船を偲びながら、陸路で津軽半島の最北端・龍飛岬を目指します。まず青森駅へ戻り、JR津軽線の蟹田駅行き列車に乗車。青森駅に入線していたのは、3両編成の701系電車でした。車内は全てロングシートです。

JR津軽線

青森駅を出発した列車は、奥羽線と分岐して、暫く住宅地を走ります。車内は程よく暖房が効いており、うつらうつらしかけては、首を振って睡魔と闘っていました。途中、奥内駅で貨物列車と行き違い。瀬辺地駅を出ると、車窓に海が広がりました。次は終点・蟹田駅。

蟹田駅から乗車した三厩駅行き普通列車は、2両編成のディーゼルカー。ボックスシートが並び、乗り鉄旅にはありがたい。

JR津軽線

津軽二股駅で北海道新幹線と乗換えができます。(乗継が考慮されたようなダイヤになっていないのが、ちょっと残念。)また、道の駅いまべつが隣接。津軽浜名駅を出ると、海に近づきました。私を含め、ほとんどの乗客が終点の三厩駅まで通して乗車されました。

外ヶ浜町営バス 三厩駅前~龍飛岬の旅

三厩駅前に停車していたのは、外ヶ浜町が運行する町営バス。列車の乗客の多くが乗り換えた為、車内の‪2/3‬の座席が埋まって出発しました。集落を抜けると、また海が見えてきました。

外ケ浜町営バス

最初は冬らしいどんよりした空模様でしたが、やがて青空が顔をのぞかせるように。バスは龍飛の集落に入って、郵便局を過ぎたところで方向転換して、背後の高台をぐんぐんとのぼり、ホテル竜飛の向かい側にある駐車場に停車しました。(三厩駅前から龍飛岬まで運賃100円)

龍飛岬散策

近くにあるのが、津軽海峡冬景色歌謡碑。ボタンを押すと、お馴染みの歌が流れます。

津軽海峡冬景色歌謡碑

日本で唯一の階段国道(国道339号線)は、11月25日から4月25日の冬季閉鎖。残念ながら歩くことはできませんでした。

龍飛岬

階段をのぼってゆくと、龍飛岬灯台が見えてきました。眼下に広がる津軽海峡。向こうには北海道が見えました。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Follow me!