高雄 阿財雞絲麺 独特な弾力の卵麺を使ったチキンラーメンと特製ソースで味わう蒸し鶏

高雄市鹽埕區にある阿財雞絲麺は、屋号にある「雞絲麺」が看板メニューの人気店。漢字が表すとおり、細くカットされた鶏肉を麺の上にのせた一杯です。その味わいは、日本でお馴染みのインスタントラーメンとよく似ていると聞いて、興味津々やって来ました。

阿財雞絲麺の行き方

阿財雞絲麺の最寄り駅は、高雄メトロ鹽埕站。駅から七賢三路に出て、七賢二路の交差点へ。ここで壽星街へ入ると左手にお店が見えてきます。

阿財雞絲麺

阿財雞絲麺のメニュー

看板メニューの雞絲麺は、汁なしの雞絲乾麺(50台湾ドル)とスープに入った雞絲湯麺(40台湾ドル)の2種類。他に大監雞という蒸し鶏も人気があり、雞絲麺とセットで注文される方が多いようです。スープ類は、猪舌湯(70台湾ドル)、猪肝湯(50台湾ドル)、猪舌肉湯(50台湾ドル)、貢丸湯(20台湾ドル)。小菜は、太監雞(120台湾ドル)、猪心(100台湾ドル)、猪舌(70台湾ドル)、猪舌肉(50台湾ドル)、猪肝(50台湾ドル)等あります。部位のレパートリーが多く、複数人であれば色々試したくなりますね。

壁に掲げられたメニューを見ていると、お店の人が写真付きメニューを持ってきてくれました。今回は、雞絲乾麺と太監雞を注文。

雞絲乾麺を味わう

まずは、雞絲乾麺からいただきます!着丼すると、懐かしい香りが鼻をくすぐります。この香りと色合いから思い出したのは、そう、チキンラーメン。細かく裂いた蒸し鶏がたっぷりのっていますね。

阿財雞絲麺

お店の方のアドバイスに従って、丼の底にある出汁と麺をしっかり混ぜ合わせたところで、いただきます!麺は、一度油で揚げてあるストレートの卵麺。思った以上に弾力があり、唇と歯で食感を楽しみながらツルツル。

太監雞を味わう

一緒に頼んだ太監雞がやってきました。甘じょっぱいタレをつけていただきます。雞絲乾麺とも合いますが、白ご飯や温かいスープと組み合わせてみたくなりました。

阿財雞絲麺

阿財雞絲麺の基本情報

住所:高雄市鹽埕區壽星街11號
電話番号:07-521-5151
営業時間 14:00-23:00 ※日曜定休

Follow me!