台湾客家料理 新竹 客家料理や台湾料理など充実のメニュー!テイクアウトも可

今回訪れたのは、上野御徒町エリアにある「台湾客家料理 新竹」さん。魯肉飯や大根餅など定番の台湾料理の他、客家小炒や梅菜扣肉といった客家料理を味わうことができます。

台湾客家料理 新竹の行き方

御徒町駅南口から東京メトロ日比谷線・仲御徒町駅を経て、首都高速1号線の高架下を通過。駅前の賑わいからガラッと変わって、オフィス街に入ります。大阪だと船場あたりの雰囲気に似ている印象。

台湾客家料理 新竹

そして突き当たる御徒町公園から右へ曲がりしばらく歩くと、目指す「台湾客家料理 新竹」さんが見えてきました。

客家料理とは

客家料理の特徴は、漬物や乾物といった保存食を使った料理が多いこと。その為、塩味がよく効いています。中国大陸から台湾へ移住した客家の人々は、台湾の豊富な食材を活かして客家料理を進化させました。戻した干しイカと野菜を炒めた「客家小炒」や豚バラ肉と高菜を醤油で煮込んだ「梅菜扣肉」、きしめんのような平たいライスヌードルを炒めた「炒粄條」などがあります。

台湾客家料理 新竹のテイクアウトメニュー

新竹さんでは現在「新竹弁当」と題して、ご飯ものや麺類のテイクアウト対応されており、店先に専用の窓口があります。メニューには名物の客家丼をはじめ、魯肉丼や焼き米粉、排骨丼などあり。

台湾客家料理 新竹

職場やご自宅で台湾料理を味わえるとあって人気があります。

台湾客家料理 新竹の店内

引き戸を開けて、そばにいた店員さんに「ひとりです。」って人差し指を揺らしながら声をかけました。促されるままに、アクリル板が設置された丸テーブル席に座ります。夕方5時過ぎとあって、まだ先客はおられず。

台湾客家料理 新竹の客家炒飯

手渡されたメニューを見て何を食べようか…としばらく思案。定番の客家小炒が目に入るも、ひとりだと量が多いので何人かでシェアしたいところ。折角なので客家料理が食べたい!ってことで、今回はテイクアウトのメニューには無かった「客家炒飯(850円)」をオーダーしました。

台湾客家料理 新竹

程なくして、客家炒飯が目の前に運ばれてきました。昔永谷園さんのCMで見たように、出来立てアツアツの炒飯をハフハフさせながらいただきます。

高菜の漬物の塩味を存分に活かした味付けがされた客家炒飯。色々想像しながら食べていると、シンプルだけど奥が深いように感じました。

台湾客家料理 新竹の帰り道

レジで精算を済ませて外に出ようとすると、そばに置かれた台湾の観光パンフレットと「台湾観光」が目に入ります。お店の方にお願いして、いただいて帰りました。

特集はMRT開業で注目が集まる「台中」。ページをめくりながら、しばらく行けない台湾を懐かしく眺めました。

台湾客家料理 新竹の基本情報

住所:東京都台東区台東3-14-9 水野ビル1F

Follow me!