天竜浜名湖鉄道天浜線各駅停車の旅 後編 天竜二俣→新所原 駅ナカグルメと車窓から浜名湖

日帰り特集 びゅう

前回からの続き

天竜二俣駅の改札口を出て、はたと気づく…あれっ?スマートフォンがない!急いでカバンの中を探すも見つからず。車内に忘れたのかな…すがる思いで駅員さんに尋ねると、カバーの色等質問された後、奥から出してきてきてくれました。ありがとうございます。運転士さんが、車両を回送する前の点検で見つけていただいたそうです。

駅の売店で買ったマドレーヌ(160円)をお土産に↓
駅構内にあるラーメン屋・ホームラン軒さんで特製中華そばをいただきました。そろそろ新所原へ向かう列車が入ってくるかな。

二俣本町を出ると天竜川橋梁を渡ります。車内から何人かがシャッターを切っていました。遅れてしまいましたが、私も一緒に↓
新浜松行き・遠州鉄道の列車が待つ西鹿島で半分以上のお客様が下車されました。車内放送で沿線案内が流れた岩水寺、トンネル抜けるとフルーツパーク前に到着。ホームのそばには色づき始めた柿の木がありました。アートな装飾が印象的な駅舎の都田、片側ホームの常用大学前、上り列車と行き違いした金指で3分停車。岡地、気賀と過ぎる頃には、沿線にうなぎ屋さんの看板を目にするようになりました。浜名湖が近くなってきたのかな。
次の西気賀は、駅構内に本格的なフランス料理を味わえるお店があります。

ゆりかもめの餌づけで有名な浜名湖佐久米は、湖のすぐそば。横を走る道路の橋がちょっと邪魔ですが、いい雰囲気です。東都筑の次の都筑は駅舎内にパン屋さんがあります。ハンバーガーのお店がある三ケ日で、上り列車と行き違いで3分停車。奥浜名湖周辺にはリゾートホテルがあるそうで、スーツケースをコロコロさせながら4人のお客様が乗車されました。尾奈を出るとトンネルを抜けて、徐々に内陸部へ。みかん畑がちらほら見えてきました。

知波田、京浜東北線を思い出した大森、アスモ前を出ると、東海道線が寄り添ってきて、終点・新所原に到着。
駅舎内にはうなぎ屋さんがあるそうですが、今回はお預け。次回はリベンジするぞ〜!

【天竜浜名湖鉄道の旅に便利なサイト】

天竜浜名湖鉄道

浜名湖周辺のホテルを探す


Follow me!