東急大井町線中延駅 2つの駅そば店を食べ歩き 天ぷらそばで双方の味わいを楽しむ

GW・春におすすめの列車旅 えきねっと びゅう国内ツアー

木曜日の帰宅途中。ふらりと足を伸ばしたのは、東急大井町線の中延駅です。時計を見ると、時間は夜の8時を過ぎたところ。閉店まであと1時間か…と一抹の不安を感じながら、改札口を抜けてお店へ向かいます。国道1号線、都営地下鉄浅草線方面へ出ると、正面に黄色いひさしに屋号「六文そば」暖簾がかかり、明かりがついてホッとひと安心するも…男性店員さんに恐る恐る尋ねると、お目当の「いかげそ天そば」は売り切れ…とのこと。コロッケかかき揚げということで後者を注文しました。まずは出来立てをパシャ。いただきます。

濃い色合いの出汁をひとくちと蕎麦を啜ります。関西出身の私には、ちょっとビビってしまったのですが、イケるな…今日は初夏を思わせる暑さだったので、身体が塩分を欲しているようです。と思っていると、向かいに私と同じように仕事帰りのサラリーマン2人組が入店。カレーや丼ものとのセットをオーダーされていました。今日一日仕事のぼやきをお互い話しながら啜る蕎麦もまた一興かな。

このまま帰るつもりが、もうひとつのお店「大和屋」に寄ることに。こちらは女性お二人でそろそろ後片付けかなぁ…といった雰囲気。そうですよね、もう閉店まで30分くらいだからね。メニューを決めず、天ぷら蕎麦お願いします!と声をかけてカウンターへ。

こちらは六文そばさんに比べると、少し甘じょっぱい出汁なのかなぁ…やっぱり食べ比べてみるもんですね。細かい味の違いを感じることができるもんですね…次は野菜天ぷらも載せてみたいなぁ…と思いながら、電車を待つホームへと再び向かいました。

【旅のメモ】
六文そば中延店
住所:東京都港区中延4-6-18

大和屋
住所:東京都港区中延4-5-4

Follow me!