新橋元楽 麺や煮卵達が隠れるくらいのたっぷりの背脂にビビリまくるが…お味は…

日帰り特集 びゅう

今日もランチタイム遅め。14時過ぎからの休憩…となりました。外に出ると、陽射しはあれど、気温は思っていた程暑くなく丁度いい感じ。時間が時間だから、コーヒーショップでサンドイッチとアイスコーヒーで済ませるかなぁ。
 
お目当のお店がどこも結構混んでいて、気がつけば新橋も汐留寄り。新幹線や山手線・京浜東北線の電車が行き交う様子が近くで見えます。この辺りも飲食店が結構あり、まだ間に合いそうだなあ…と思いながらウロウロ。どうせなら初めての場所がいいなあ…と決めたのが、「新橋元楽」さん。何度か前を通ったことがあり、以前別のお店(同じくラーメン屋さん)で一度いただいたかな…
 
何も考えず、食券機の前に立ってボタンをピッと。ぶためしを推してはるのが凄く良く伝わったのですが、ラーメンのみ。若い頃なら全然いけたのですが、最近ダブルでは無理…悲しいかな歳を感じます。
 
食券を渡して、席に着きお冷をひとくち。最初私だけだったお客も続けざまに2人入店。皆さんそれなりの体格…ぶためしをセットで。やるなぁ…
そんな様子を見ている間に来ました…んんんん?なんだ!!!!
 
 
 
 
麺や煮卵や具材が見えないくらいの背脂たっぷりじゃないですか…ここで後悔の念。きっともたれるぞ…覚悟を決めて、箸を持っていただきます!
スープの中を探り麺を挟んで、ツルツルズルズル…これは、醤油ベースのスープがよく絡み、しかも見た目と違って重たくない。これならイケるな。後に現れたネギのさっぱり感も後押しして、あれよあれよと言う間に完食。大盛頼んだ方が良かったかなぁ…後半戦を乗り切る元気を貰いました。 
 
【食べ歩きメモ】
新橋元楽
住所:東京都港区新橋5-12-1越田ビル 1F

 

 

 

Follow me!