阿德火雞肉飯

今回は嘉義の文化公園前にあり、文化路夜市からも近い、阿德火雞肉飯さんで火雞肉飯と鮮蚵炒麺をいただきました。

阿德火雞肉飯の行き方

この日は先にかき氷を食べてしまったのですが、やっぱりご飯モノも食べておきたい。せっかくだから、嘉義名物の雞肉飯を食べておきたいなぁ…と文化路夜市へ続く道を歩いていると…見つけました!『阿德火雞肉飯-文化現炒小吃』屋号からして、雞肉飯が看板メニューと察しがつくのですが、その後に続く-文化現炒とはなんぞや?これは両方食べてみることにするかな。

阿德火雞肉飯の店内

お店の入口に厨房、ドアを開けた奥にテーブル席があります。入口で伝票に食べたい品をチェックしてお店の人に渡しました。

阿德火雞肉飯

阿德火雞肉飯のメニュー

ご飯ものは、看板メニューの火雞肉飯・魯肉飯(各小35・中45・大55台湾ドル)・咖哩飯(小40・大50台湾ドル)と牛肉炒飯(75台湾ドル)、蝦仁炒飯(65台湾ドル)、肉絲炒飯・蛋炒飯(55台湾ドル)など。

スープ類は、魚丸湯(20台湾ドル)、蛤仔湯・粉腸湯(各30台湾ドル)、蝦仁湯・蚵仔湯(各40台湾ドル)等といったラインナップ。他に麺類や粥類、小菜類も多数あります。

阿德火雞肉飯の火雞肉飯と鮮蚵炒麺

まずやってきたのが、お馴染みの「火雞肉飯(小35台湾ドル)」こちらはふっくらご飯にあっさりとした鶏肉、漬け物がアクセント。やっぱり嘉義に来たらこの1杯ははずせませんね。

阿德火雞肉飯

続いて「鮮蚵炒麺(75台湾ドル)」名前から牡蠣と麺を炒めた焼きそば…と思っていたのですが、ダシというかスープにどっぷり浸かっています。早速いただきます!

阿德火雞肉飯

シャキッとした野菜とプリプリの牡蠣、もっちりとした麺がいい感じで口の中でコラボ。素材の旨みがにじみ出ているスープがまたいいんです。これご飯にかけて半熟卵と食べるとまたいい感じになりそうです。

阿德火雞肉飯の基本情報

住所:嘉義市文化路19-3號
電話番号:05-225-3365
営業時間 11:00-24:30

Follow me!

前の記事

博愛火雞哥

次の記事

民主火雞肉飯