豐滿早餐店 焼きたて生煎包と熱豆漿で1日のスタート

屏東市で朝から行列ができる、人気の生煎包のお店「豐滿早餐店」さんを訪ねました。

豐滿早餐店の行き方

台鐵屏東駅前から少し歩くと、民族路・中山路・逢甲路の交差点が見えてきます。逢甲路へ入り、中正路を左へ。屏東太平洋百貨や屏東美術館がある交差点を過ぎて、もうしばらく歩くと「豐満早餐店」が左手に見えてきます。お店に近づくと、軒先にお待ちの方々の列が。ここまで歩いて20分弱。

豐滿早餐店

豐滿早餐店の店内

中正路から見てると、手前にテーブル席があり、その奥が厨房とお会計エリア、一番奥右が豆漿を準備エリア、左が生煎包を調理するエリア。それぞれを統括してるのが、お店の奥さんかな…という印象。

豐滿早餐店の厨房を見学

ドラム缶を加工して縦に置かれたコンロ。この上に、丁度覆い被さるくらいのサイズの鉄鍋が置かれています。この鉄鍋の中には、小籠包ぐらいの大きさの肉饅頭がびっしり並べられて、ちょうど焼きあがったところ。おじさんがホイホイと引き上げてボールへ。おばさんはお客さんに数を聞いて、ボールからトングで袋に入れて手渡していく。

空っぽになった鉄板の上に、おじさんが新たに生煎包を並べて、蓋をして焼き上がりを待ちます。その間に、おじさんを含むご家族全員でひき肉を皮で包む作業…お客さん達は、その様子を見ながら待っている…私も一緒にその様子を見ている。

豐滿早餐店の注文方法

外帯(テイクアウト)する人が多いのですが、先程ご紹介したとおり店内にはテーブル席もあります。私は3個欲しいっておばちゃんに伝えた後、熱豆漿をひとつ追加して、内用(イートイン)でお願いしますって、身振り手振りでアピール。はい、これでOK。

豐滿早餐店の生煎包・熱豆漿

生煎包はそこがカリカリ、周辺はもっちり、中が熱々肉汁適量…でも油断していると飛び出してしまいそう。この後、ホテルで朝ごはんが待っているから3個と控えめにしたんですが、よくよく考えたら5個でもいけたな。

豐滿早餐店

ペアを組んだ熱豆漿のほっこりする美味しさに癒されて、完食です。

豐滿早餐店

豐滿早餐店の基本情報

住所:屏東市中正路171號
電話番号 :08-733-3419
営業時間 05:30-11:00 ※不定休

Follow me!

次の記事

噴水雞肉飯