東門雞肉飯

今回は嘉義の台所・東門市場の近くにあるお店「東門雞肉飯」さんを訪ねます。

東門雞肉飯の行き方

東門雞肉飯さんへの行き方は、まず台鐵嘉義駅前からのびる中山路を歩き、嘉義のシンボル・噴水へ。圓環から公明路を入り、東門の圓環から和平路を進みます。光彩路との交差点付近にお店はあります。

東門雞肉飯

東門雞肉飯の店内

東門雞肉飯さんの入口付近に厨房があって、奥にテーブル席があります。外帯(持ち帰り)内用(店内で食事)両方対応するのには、この間取りがいいんですね。

ちょうど夕食時。ヘルメットを持った仕事帰りの若い方から、おじさん・おばさん等大勢のお客様で店内賑わっています。私は前回来たときから気に入っている「特等席」厨房そばのカウンター席を選びました。

東門雞肉飯のメニュー

鶏肉飯は2種類。看板メニューの雞肉飯(25台湾ドル)と雞片飯(50台湾ドル)他にご飯ものは咖哩飯(30台湾ドル)。

スープ類は、紫菜湯・味噌湯(15台湾ドル)、刺瓜丸仔湯(20台湾ドル)、脆筍排骨湯、苦瓜排骨湯・金針排骨湯・下水湯(各25台湾ドル)粉腸湯、蚵仔湯(各35台湾ドル)などといったラインナップ。他に小菜類も多数あります。
 

東門雞肉飯の雞肉飯と味噌湯

常連さんの横に座らせてもらい、店のおじさんに雞肉飯と味噌湯をチェックした伝票を渡した後、指差しで一品追加。しばらくしてやってきたのが↓

東門雞肉飯
 
腹ペコなのでさっそくいただきます!

炊きたて熱々のご飯だったので、ふーふーっと冷まし、はふはふっと茹でた鶏肉共に口の中へ。やっぱり嘉義にきたらこの味だなぁ~と思いながら、追加した目玉焼きをオン。箸で4つに切って、とろっと出てきた黄身とあわせて、もうひと口。この組み合わせ最高ですよね!

東門雞肉飯
 
合間に味噌湯をずるずるっとレンゲをつかってすすります。ちょっと薄めでちょっと甘いこの味が好きなんだなふぁ。
 

東門雞肉飯の基本情報

住所:嘉義市光彩街198號
電話番号:05-228-2678
営業時間 10:30-20:00

Follow me!

前の記事

原始火雞肉飯

次の記事

陳家雞肉飯