静岡駅から静岡おでんランチ食べ歩き前編 大やきいも しぞーかおでんとレインボーかき氷

前回からの続き

普通電車に揺られて到着したのは、静岡県の県庁所在地・静岡市があるJR静岡駅。車内の大半のお客様と共に下車して改札を通り抜けました。これから参加するコンサートまであるしばしの時間を使って、静岡名物・静岡おでんの食べ歩きをすることにしました。まずは駅隣接の観光案内所で情報の聞き込み。おでん屋さんが多く集まる「青葉横丁」「青葉おでん街」が夕方からの営業を始められるお店が多い…とのことで、午前中から開いている「大やきいも」さんをご紹介いただきました。

教えていただいたとおり、すぐ目の前にあるバス停から乗車して「アイセル21」で下車。進行方向にある十字路の角にお店あります。聞けば、この場所で100年以上営業されているんだそうです↓

{73131977-6C60-4BA1-9F7A-864C2EE26468}

表から1枚撮影して、暖簾をくぐるとレトロな雰囲気。テーブル席の他に小上がり席もあります。軒先でおでんやおにぎりをテイクアウトされる方も結構いらっしゃいました。

ちゃっちゃと動き回るおばちゃんの指示に従って、鍋の前へ。黒いツユに煮込まれた具材を指差して、食べたいあれこれお皿に取ってもらいました。お会計は後払いです。席に着いたところへ、麦茶を運んできてくれたので、軽くひと口。では、いただきます↓

{74FBDEB7-3F95-4BA9-95B0-CE37D65E6160}

熱々の卵でペコペコのお腹を満たした後は、おすすめの信太巻き。ジューシーな油揚げの中に魚のすり身が入っています。これは初めての味わい。最後は昆布じめ…って駄洒落を効かせて1回戦終了!まだお腹三分目だから、2回戦行くぞー!

{0DCCDA95-BD3D-403E-A640-8E2F59356CB4}

静岡おでんの看板具材・黒はんぺんは、かぶりつくと魚の風味が口の中に広がります。ちくわと食べ比べてみると、その違いがよく分かると思います。3本目は牛すじで2回戦終了!牛すじが1本120円で、その他の具材は全て1本80円と明朗会計です。

{C6B67178-85BE-491C-AECA-591811297C47}

3回戦は紅一点・デザート系からカキ氷。その名も「レインボー(300円)」緑、黄色、ピンクの3色が目に鮮やかに飛び込んできました。こぼさないように、崩さないように…と四苦八苦しながらでしたが、無事完食しました。

他にも屋号になっている焼き芋も人気だそうで、また食べに来たいなぁと思いながら、お会計を済ませ外へ出ました。

【旅のメモ】
大やきいも
住所:静岡市葵区東草深町5-12
電話番号:054-245-8862
営業時間 09:00-20:00

[PR]夏休みのホテルを
オトクに予約するなら!
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

Follow me!