萬巒郷五溝村 觀海山房 優雅なバロック様式の装飾が目を惹く三合院

萬巒郷五溝村にある、和興鍾家夥房と鍾氏萬成祖堂を見学した後、隣接する「觀海山房」を訪ねました。

觀海山房の歴史

劉家第十五世濟之公の長男で第十六世成金公(秉淵, 字清元)とその弟・成台公(維經,秉均)は、官職を辞任した後、故郷・五溝村へ戻りました。そして恩師の提案に従い、大正10年(1921年)に觀海山房を建設します。

觀海山房

当時、五溝村に公立学校が無かった為、客家の人々の子弟を教育する重要な役割を担っていました。その為、「五溝第一學堂」と呼ばれるようになります。

しかし、台湾総督府により學堂の閉鎖を命じられた為、觀海山房は住居として使われるようになり現在に至っています。

觀海山房の外観

觀海山房は伝統的な三合院の建物に、当時流行していた複雑な幾何学的デザイン・優雅なバロック様式の装飾が施されています。

觀海山房

觀海山房

觀海山房

馬背式の屋根に南瓜や竹が目を惹く塀など見所満載。残念ながら中に入ることはできませんでしたが、暫くあれこれじっくり外から見学させていただきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

↑参加しています。ポチッと押していただければランキングが確認できます。
謝謝您看博客。如果可以的話,請按這個按鈕。可以確認博客的排名。

觀海山房の基本情報

住所:屏東県萬巒鄉五溝村西盛路28號

Follow me!