高雄市 書店喫茶一二三亭 リノベカフェに吹く心地よい風 チーズケーキとコーヒーを味わう

‪今回訪れた書店喫茶一二三亭は、高雄の港町・鼓山区にあります。1920年に建設された建物をリノベーションしたカフェ。当時は日本人が経営する高級料亭だったそうです。レトロな雰囲気を活かし、現在に新しい風が流れるお店でしばし寛ぎました。‬

書店喫茶一二三亭がある哈瑪星とは

‪高雄市鼓山區は、日本統治時代に高雄港の開発と共に発展してきたエリア。長い歴史を経た当時の建物をリノベーション、新しい街づくりに取り組まれています。また、近くを通っていた貨物線・浜線(はません)の読みが現在に残り、このエリアは‬哈瑪星(‪ハマシン)と呼ばれています。書店喫茶一二三亭があるエリアは、日本統治時代の地名で新濱町だったそうです。‬

書店喫茶一二三亭への行き方

最寄り駅は高雄メトロ橘線の西子湾站。1番出口から車やバスが行き交う臨海二路、捷興二街と歩き、鼓元街の交差点付近で目指す書店喫茶一二三亭に到着します。

書店喫茶一二三亭の店内

建物の中に入って階段を2階へ。ドアを開けると、シーリングファンが回る高い天井、広々した空間が広がります。なんとなくダンスフロアを思い浮かべました。壁際には本が並ぶお洒落な本棚、窓辺や中央にテーブル席やソファー席が並びます。

書店喫茶一二三亭

書店喫茶一二三亭

もう一度天井を見上げると、棟上げが残っていました。

書店喫茶一二三亭

入って左手は、厨房とケーキが並ぶショーケース。ここでメニューを受け取って、空いている席に腰かけます。

書店喫茶一二三亭のチーズケーキとコーヒーセット

チーズケーキ(起司蛋糕)とコーヒーのセットをオーダー。スイーツとのセットは、他に台湾茶とおはぎの組み合わせもあります。

書店喫茶一二三亭

店内には徳永英明さんが歌う「時代」が流れ、窓から心地よい風が入ってきました。落ち着いた雰囲気の中、しばし疲れたカラダを癒しつつ、次に訪れる街歩きスポットの下調べをして過ごしました。近くを走るバイクの音もどこか遠く別世界のように。

台湾旅行に便利なサイト

VELTRA:台湾新幹線のパス等ネットでらくらく手配。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

書店喫茶一二三亭の基本情報

住所:‪高雄市鼓山區鼓元街4號2樓‬
電話番号:‪ 07-531-0330‬

Follow me!