吉安郷 貨櫃屋星巴克 インスタ映えするスタバはコンテナを積み重ねたような形 夜も映える

花蓮県吉郷のできたスターバックスは、個性的な建物を使ったお店と聞いて訪ねてみることにしました。台湾の人々の間でも話題になっているそうです。

貨櫃屋星巴克の行き方

花蓮駅から台東方面へひと区間進んだ吉安駅で下車。この駅には全ての区間車と一部の自強號、普悠瑪號が停車します。駅前で列車の発着する時間帯に合わせて待ってたタクシーに乗車。店名「貨櫃屋星巴克」と住所を書いたメモを見せるとすぐ理解してくれました。約15分ほどで到着。タクシー代は210台湾ドルでした。

貨櫃屋星巴克の外観

目の前に姿を現したお店は、宇宙ステーションを思わせるような形。高知県立坂本龍馬記念館と似ているかなというのが私の感想ですが、皆さんはいかがでしょうか?貨櫃屋(コンテナ)でお店を作るスタイルが今台湾で人気なんだそうです。

貨櫃屋星巴克

時間は午後6時を回ったところですが、撮影されている方が6人おられました。日中の写真をあげている方が多く、暗くなるとどうかな?と危惧しましたが、建物が白いのでよく映えますね。

貨櫃屋星巴克の店内

店内に入ると、すぐの場所にタンブラーやマグカップの陳列棚があります。台湾オリジナルの商品も用意されています。このお店の外観をプリントした商品があれば欲しいなと思ったのですが、残念ながらありませんでした。

陳列棚から左手へ厨房が奥へ続きます。向かいには隠れ家のような客席、奥のガラス張りスペースの前にテーブル席がありました。

階段で2階へ上がるとコンテナの突き出た部分に客席があり、プライベート感を演出。

貨櫃屋星巴克

貨櫃屋星巴克

貨櫃屋星巴克

全体的にスタイリッシュな内装です。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

貨櫃屋星巴克の基本情報

住所:花蓮県吉安郷華中路11-10號

Follow me!