夜明け前のヤンゴン中央駅へ おっかなビックリ訪問

まだ真っ暗な早朝。目覚まし時計のベルより先に起き、出発準備して部屋を出ました。時計の針は朝5時前…今回宿泊したユザナホテルの前を通るSHWE GONE DINE ROADは、昼夜を問わず車の行き来きがあるので、流しのタクシーを拾えるだろう…と思って外へ。案の定、程なくタクシーをつかまえることができました。

お借りした「旅の指さし会話帳
」を使って行き先を告げると、わかったと頷いてくれました。ちょっとひと安心。続いて、料金を確認すると、3,000チャットとのこと。事前に聞いていた相場の料金だったので、OKサインを出して乗り込みました。

開け放たれた窓から、ひんやり心地よい風が入ってきます。ライトアップされて月のように幻想的に輝くシュエダゴン・パゴダが見えた時、感動しましたが、シャッターチャンスを逃してしまいました。

やがてたどり着いたのが、ヤンゴン中央駅↓

ヤンゴン中央駅

お城のような塔が4つ並ぶ伝統的なビルマ建築様式の現在の駅舎は、1954年に完成しました。タクシーを降りて、中へ入ってみます。長距離列車の多くは、早朝に出発するそうで、大きな荷物を持った人々で驚くほど賑わっていました。

ヤンゴン中央駅

どこか撮影できそうな場所はないかなぁ…と1回外へ出て目にした陸橋へ向かいます。

ヤンゴン中央駅

列車が見える場所を探してウロウロしてみたのですが、どこもイマイチ。

ヤンゴン中央駅

これはやっぱり駅舎内、ホームへ上がりたいなぁ…

【ヤンゴン便利サイト】
・ヤンゴン国際空港周辺のホテルを探す『Agoda』
・ミャンマーツアーで探す『クラブツーリズム』

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

↑ブログご覧いただきありがとうございます!
よければこちらからこのブログのランキング確認をお願いいたします。

Follow me!