バゴー チャイプーンパゴダ 四面仏座像に伝わる伝説とは…

シュエタリーリャウン寝釈迦仏後にして、隣接するモン族の集落を訪問。伝統的な織物工房で、ミャンマーの民族衣装・ロンヂーの機織りの様子を見学しました。ロンヂーは即売もされていて、5,000チャットから購入することもできます。

ロンヂー

ここで、今日のバゴー観光でコースに入っている観光地は全てめぐりました。ヤンゴンへ戻る前に、お手洗い休憩を兼ねて最後に立ち寄ったのが↓

チャイプーンパゴダ

「チャイプーンパゴダ」高さ30メートルの柱を背にして4体の仏像が鎮座しています。それぞれ顔や装飾は異なっています。ちなみに、仏像が雨ざらしになっているのは、ミャンマーでは珍しいのだそうです。ガイドさんの話によると、この4体の仏像には、それぞれモデルになったモン族の女性がいたとされ、もし、その方が結婚すれば、仏像が壊れると言われたそうです。そして、実際にそのうちの1人が結婚すると…像は壊れてしまいましたが、後に復元され現在に至る…といった伝説が残っています。

【ヤンゴン便利サイト】

・ヤンゴン行きの格安航空券一覧で探す『ena(イーナ)』
・ヤンゴン国際空港周辺のホテルを探す『Agoda』
・ミャンマーツアーで探す『クラブツーリズム』

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

↑ブログご覧いただきありがとうございます!
よければこちらからこのブログのランキング確認をお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です