バゴー シュエタリーリャウン寝釈迦仏 巨大な寝仏の足裏

シュエモードパゴダをバスで後にします。車内に入るとすぐにウェットティッシュで足の裏を拭くのですが、次もすぐに裸足に…でも、違和感があるから仕方なく…そう、今更ながらですが、ミャンマーの寺院観光時は、靴よりスリッパかサンダルが良さそうですね。市場とかで現地調達できるかな。

10分ほど揺られて到着したのが「シュエタリーリャウン寝釈迦仏」

シュエタリーリャウン寝釈迦仏

全長55メートル、おしろいというかタナカを塗ったように色白な像です。枕に頭をのせて見つめられている視線をジンジン感じました。ちなみに、寝釈迦と涅槃(ねはん)の見分け方は足の組み方。足が崩れているのは寝釈迦、足をそろえているのは涅槃だそうです。

シュエタリーリャウン寝釈迦仏

ここも、シュエモードパゴダ同様カメラ撮影料300チャット必要です。領収書兼タグを腕に装着しました。

シュエタリーリャウン寝釈迦仏には、数奇な歴史があります。バゴーが1757年にビルマ族に征服されてから、100年近く置き忘れられて密林に覆われることになります。そして、イギリス植民地時代に、鉄道建設の為、この地を訪れたインド人技師に発見されました。

像の裏に回ると、シュエタリーリャウン寝釈迦仏の生い立ちストーリーを伝える絵が描かれています↓

シュエタリーリャウン寝釈迦仏

枕の部分にはガラスのモザイクが飾られていていました↓

シュエタリーリャウン寝釈迦仏

【ヤンゴン便利サイト】

・ヤンゴン行きの格安航空券一覧で探す『ena(イーナ)』
・ヤンゴン国際空港周辺のホテルを探す『Agoda』
・ミャンマーツアーで探す『クラブツーリズム』

にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村

↑ブログご覧いただきありがとうございます!
よければこちらからこのブログのランキング確認をお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です