スカイマークSKY018便 福岡空港発羽田空港行 搭乗記 チェックイン・機内サービス

今回はスカイマーク・SKY018便を利用して、福岡空港から羽田空港へ戻ります。

福岡市内から福岡空港へのアクセス

福岡市内で食事・買い物をした後、空港に向かうことにしました。福岡市地下鉄(福岡市交通局)空港線がターミナル下まで乗り入れているので便利。JR筑肥線の唐津方面から乗り入れており、沿線各駅から乗り換えなしでこれるのも魅力です。福岡市内観光後に空港へ行く場合は、1日乗車券(620円)を利用するとオトクなこともあります。チェックしてみてくださいね。ちなみに普通運賃は、博多駅~福岡空港が大人片道260円です。(2017年10月現在)なお、福岡市地下鉄ではSuicaやPASMO、ICOCA等ICカード利用可能。

スカイマークのチェックインカウンターは1階

福岡空港駅到着後、1階へ上がって、北側到着口手前に自動チェックイン機・チェックインカウンターがありました。自動チェックイン機に予約の際使用したクレジットカードを挿入・読取確認が完了すると、搭乗券が発行されます。

福岡空港の空弁 ミニかしわ焼麦弁当 鳥栖駅の人気駅弁ミニサイズ

2階の出発保安検査場を通って、搭乗ゲートへ向かう途中、晩御飯を調達。空弁を買うことにしました。選んだのは「ミニかしわ焼麦弁当」鳥栖駅の駅弁屋・中央軒さんの人気駅弁かしわめし。

空弁

機内で食べやすくミニサイズになっています。甘じょっぱい鶏肉しぐれ煮と錦糸卵、刻み海苔がのったごはんは、鶏スープで味付け。しゅうまいも美味しかったです。

空弁

この日のスカイマーク18便タイガースジェットの搭乗ゲートは3番から

ゲート近くに来ると、ちょうど折り返しSKY018便になる機体が到着しました。ポケットからスマホを取り出して撮影。おっと、今日はタイガースジェットだ!

スカイマーク

そう言えば、ここに一蘭さんのお店があるのには、ちょっと驚きました。ほどなくして、18便の搭乗開始を告げるアナウンスが流れます。優先搭乗の後、機内混雑を避ける為、窓側のお客様から機内へ。今回はA席をアサインされた私も続きます。

スカイマーク18便の機内サービス ネスカフェ&キットカット

スカイマークSKY018便は、ボーイング737-800を使用。シート配列は通路を挟んで3-3です。今回は最後尾の席。シート周りを確認すると、席と席の間にコンセントがあり、スマートフォンの充電など可能です。

スカイマーク

シートポケットには機内誌「SKYMARK」があり、ページをめくりながら記事を拾い読みしているうちに、キャビンアテンダントさん達による機内安全設備の実演説明がはじまりました。

離陸後、一旦南へ向かって福岡・熊本の県境手前から東へ進路をとっているのかな。窓から眼下に広がる景色をみながら、私のナビが描いた航路。正解はどうでしょう?

スカイマーク

少し揺れている時間が続きましたが、しばらくしてシートベルト着用サインが消えました。

スカイマークさんは、ネスカフェコーヒーとキットカットのサービスがあります。
読書のお供にホッとひと息、美味しくいただきました。

スカイマーク

秋の空は夕暮れから夜になるのが早いなぁ~と思っているうちに、ベルト着用サインが点灯。三浦半島・横浜付近を航行しているのかなぁ~と思っているうちに、機体は羽田空港の滑走路に着陸しました。

ブログご覧いただきありがとうございました。よければ、ポチッと一票お願い致します!!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

Follow me!